退職して生活が一変、普通の生活が送れる幸せ

7年勤めた会社を辞めました。

大学を卒業してから入社し、7年勤めた会社を去年辞めました。
最後の三年くらいは、ほぼ精神的もつらい状況だったのと、会社の業績が悪くサービス残業を強いられたり、給料も減って生活も困窮した事が理由です。

 

社長はとても高圧的な人で、その下の上司(つまり私の直属の上司である部長)はその上司に絶対服従。
そのために、部下にすべてのツケがまわってきました。
部長は人格を疑いたくなるくらい、部下を仕事で追いつめる人でした。
また、時には自分勝手に怒り狂って、会社の壁を蹴り上げて穴をあけたり、電話機を故意に落として壊したりするような人でした。

 

そんな毎日は私にとっては、精神的にダメージが大きく、溜まりにたまって、うつ病にもなりました。
うつ病になっても、会社は何かケアをしてくれるわけではないので、上司にはだまってやり過ごしていました。
どうにか、いい方向に変えることは出来ないかといつも考えていました。
しかし、高圧的な社長にも相談を持ちかけることもできず、部長にも話した所で、なにも変化もなく、会社に対して希望もなくなって、結局辞めました。

 

7年勤めた会社は、多少なりとも愛着もありましたが、こんな精神的な苦痛を抱えてこれ以上仕事はできないと思い決心しました。

 

仕事を辞めた後、この1年で休養ができ、今は精神状態はずいぶん回復しました。
会社を辞めるというのは自分にとっては大きな決断ではありましたが、今では辞めて良かったと思っています。

 

人間らしい生活を求めて、主人は会社を辞めました。

主人はシステムエンジニアでした。
本当にシステムエンジニアってきつい仕事ですよね。
私は実際に仕事をした事がないのでわからないのですが、やってもやっても終わらない仕事なのだそうです。
かといって、会社の景気が言い訳ではありません。
残業代は年々減っていきました。

 

毎日12時を過ぎて帰宅します。それから遅い食事です。途中何か食べればいいのにと言うのですが、そんな時間が勿体ない、食べている時間を削って、早く終わらせて家に帰りたいと主人はいつも言っていました。
いつか過労死するんじゃないかと心配でした。

 

そんな時、付き合いのあった会社から声がかかったんです。
今更業種の違う会社は大変なのではと思っていましたが、やはり少しでも人間らしい仕事を思い切って主人は仕事を辞めました。

 

毎日8時くらいには家に帰ってきます。
子供たちの食事の時間に間に合うことさえあります。なんだか不思議な気分ですが、子供たちは大喜び。
一気に賑やかな食卓になります。

 

全くできなかった友達付き合いも再開しました。
高校や大学時代の友達と飲みに行ったりできるようになりました。なんだか、とても楽しそうです。
お給料はかなり減りました。
でも、この生活が当たり前ですよね。
私も、主人が早く帰ってきてくれると、話し相手ができて嬉しいです。