自分にあったやりがいのある仕事

Wワークで収入UP!

仕事をやめた理由は『仕事がなくなった』です。

 

もともと登録制のお仕事で、勤務が発生したときだけ直行直帰で勤務していたのですが…お仕事内容は『司会者』です。

 

地域では小規模な事務所でしたが、最初のうちは途切れることなく仕事が来ていました。だからこそ『毎日お仕事にいけるようにしててね』
といわれても納得していたのですが

 

押し寄せる不景気の波、司会者はムダという風潮からか数ヶ月前よりがお仕事激変しました。
『どうしたんですか?』と事務所に問い合わせても
『大丈夫これから入ってくるから、予定を入れないでね』といわれるばかり…
事務所的には、それでいいのかもしれませんが下っ端は景気を差し引いてでも利益を出さなければいけなかったのです。

 

数ヶ月続いたところで痺れを切らし全く異業種のお仕事の面接を受けました。
事務所には、これだけ仕事が入らないと生活できないことを正直に伝えた上でバイトのお休みの日ならば司会ができることを伝え。
事務所側も、現在の状態を危惧していたようでしょうがない、と諦めてくれました。

 

現在では異業種アルバイトと司会業を両立しています。
我ながら、うまく立ち回れたのではないかと思っています。

 

 

他の仕事をしたかったので辞めました。

私は田舎の高校を卒業してから都会の会社に就職しました。
憧れの都会での仕事は、毎日が新鮮で刺激的でした。仕事が終わると社員寮に帰り、同期の人達や、先輩達とおしゃべりしたり、遊びに行ったりしてプライベートも充実していて毎日がとても楽しかったです。

 

そんなある日、寮の同期の友人が実は私他にアルバイトをしているんだよねと、言ってきたのです。
正直驚きました。どんなアルバイトなのか聞いてみると、とても楽しそうなアルバイトで収入も多いとのことでした。
私は彼女の話を聞いているうちに、段々とそのアルバイトに興味を持ち始めました。そして思い切ってやってみることにしました。

 

そのアルバイトは凄く楽しいし、給料も多いし、友人も沢山できました。
ただ本業とアルバイトの掛け持ちだと、どちらも中途半端な気持ちでやっていることが嫌で、一本に絞ろうと思いました。
その頃、本業の方は余り楽しくは無くなって来ていたので、退職することにしました。

 

そしてアルバイトの方は、契約社員にしてもらいお昼くらいから夜まで働くことになりました。契約社員になったら仕事は、急に大変になってしまいましたが、やりがいがあり刺激に満ち溢れています。辞めた会社に未練はもうありません。新しい職場で頑張っていこうと思います。